引越しの養生は大切

生シートや養生テープは引越しに欠かせません。地味な作業なうえに、手間も時間も掛かるので面倒だと思う方も多いと思いますが、養生を怠ると大変な事故やトラブルになる場合もあります。その使い方や注意点を見ていきます。

――養生とは――――――――
そもそも養生の意味はというと、建築工事、塗装作業、家具の運搬などで汚れや破損防止のために保護をすることを言います。
引越し業者の他、大工さんなんかも日常的に使う言葉ですね。

<引越しでの養生>
引越しの場合での養生というと、まず考えられるのが家具・家電など家財にキズをつけないために梱包することまた床、壁、エントランス、エレベーターホールなど部屋や建物自体にキズや汚れをつけないようにするためにシートを敷いたりマットや布をあてたりすることを言います。
搬入搬出時のこういった養生は不可欠ですから、どの引越し業者でもサービス扱いで特に梱包資材にお金をとられることはありません。(梱包資材を使う家具を運ぶのにいくら、といった考え方になっていると思います)

ただ、例えばマンションの上階の運搬作業であったりするとエレベーター、部屋までの廊下の保護ポイントなど養生する部分も増えたり、更にドアからの搬入ができずクレーンなどを使っての搬入になってしまったりするとその分梱包資材が増えますから見積もりの際に料金が上乗せされる可能性はあります。

規模の小さい引越しだとよく業者を使わないで自力で引越しをする場合がありますが、そういった場合も自分たちで養生するということをやっていかなくてはいけません。
部屋や家具だけでなく、マンション・アパートの場合は共用部分にも忘れずに養生しておかないとダメージを与えてしまうことがあります。
特に素人は物の持ち方や運搬の仕方に慣れていないわけですから、長いもの、重い物を運ぶ際にうまく距離がつかめず壁に穴をあけてしまったり、非常誘導灯にぶつけてしまったり、物を引きずって床を汚してしまったりと、プロに頼むよりも色んなリスクがあります。
せっかく安く済まそうと思って自力で作業をするわけですから、賠償や修理などで余計なお金がかかることがないようにしましょう。

<養生テープ>
養生テープは皆さんよく見かけると思いますし、日常的に使っている方も多いのではないかと思います。
一般的には緑色(最近は白、黒、青など色んな色がありますが)の半透明のテープで、テープをはがした時に床や物に汚れやダメージが少なくなるようにわざと粘着力が弱く作られています。
なのでこの養生テープを、例えばダンボールの底部分の梱包に使ったりするのは大きな間違いで、はがれて欲しくないものにはガムテープを利用します。
養生テープはダンボールの上部のふたをしめるときや、それこそ床や壁の養生シートを固定する時、荷物の梱包をする時などに、より原状復帰や荷解きがしやすくなるように使うことが多いです。


――養生テープの便利な使い方――――――――
引越し前の荷造りを皆さんある程度時間をかけて行うと思いますが、詰め残しがあったので一度梱包したけどもう一度この箱を開けたい、といった状況になってしまうことがよくありますよね。
そういったことを繰り返しているとテープを貼ったりはがしたりを繰り返しているうちにダンボールのふた部分がどんどん傷んでいってしまいます。
それを防ぐために、まずダンボールのふたのふちに沿ってガムテープを綺麗に貼っていきます。

ちょっと雑ですがこんなイメージ。このガムテープはふた自体の補強ということですね。
そして実際にふたをしたいときは養生テープを使うのです。
そうするとガムテープと養生テープの粘着力の差をうまく利用することができ、ダンボールに傷をつけずにテープを貼ったりはがしたりできるわけですね。
これをやると同じ養生テープを何度も使うこともできますから、ひと手間かけるだけで効率はぐっと良くなります。
荷詰めを時間をかけて行うときにはおすすめですよ。

養生はあまり馴染みがないかもしれませんが引越しの際にはとても重要な作業になります。
やりすぎると荷解きや原状復帰のときに大変になってはしまいますが、物を守るという点ではやり過ぎて損ということは全くないと思います。
また家具、家電などの養生に関しては運ぶ人間を守るということにも大きく繋がってきますので、自力引越しの場合でも決して怠らないようにしていただきたいです。


Copyright (C) 引越しトラブル大辞典〜引越しにまつわる落とし穴〜. All rights reserved