賢く引越料金を安く抑える手順と知恵

や一人暮らしの引越し経験者は五割を超える時代。
転勤や進学、今の家賃が高いなど背景には様々な理由があるでしょう。
もちろん一番安くする方法は引っ越し会社を使わず自分でやってしまうことですが、
自動車やトラック、人手、時間が確保できることが条件になります。

あなた      「そもそも自動車なんか持ってないし、手伝ってくれる人いないよ」
引越しの達人 「じゃあお金が必要だね」
あなた     「あまりお金ないし、なるべく安く抑えたいんだけど」
引越しの達人 「それなら引越し料金を安くする方法を教えてあげるよ」
 
と、いうことで今回は引越し料金を賢く抑える手順とプランについて解説していきたいと思います。
 
 
――賢く引越す3つのステップ――――――――
ステップ1.引越しの『引越し業者一括見積もりサイト』を活用しよう
ステップ2.引越し会社に来てもらう『訪問見積もり』を利用しよう
ステップ3.見積もりを『交渉の武器』にしよう
 
<ステップ1>引越しの『引越し業者一括見積りサイト』を活用しよう
余裕がある人は一つ一つ会社を調べていくのもいいでしょう。
でも、それって面倒臭くて時間もかかりますよね?
そんな時に便利なのが引越し業者一括見積もりサイトです。これはその名の通り一括で見積もり価格を出してくれる機能で引越し業者選びにかかる時間と手間を大幅に減らすことができます。
そしてこれだけで料金の高値から底値までわかってしまうのです。
だったらこれで一番安い業者に決定でいいじゃん!! と、思ったかもしれませんがそれは違います。
まだこの見積もりには値下げの余地を乗せた額であるからす。
つまりこの額から私たちが交渉する前提ということ。 ここで即決してしまってはいけません。 このステップでは最高値から最安値の中間をだいたいの≪料金相場≫と考えることに留めることにして、ステップ2.に進みましょう!
 

<ステップ2>引越し会社に来てもらう『訪問見積り』を利用しよう
まずは≪料金相場≫などの情報を参考にして業者を最低2〜3つ選んでみてください。
そこが訪問見積もりからステップ3.の交渉へと進んでいくわけです。
ここでは訪問見積もり比較サービスを利用することのメリットについてお話しします。
 
最大のメリットとは何か?
それは実際にコミュニケーションを取れることです。
インターネットや電話だけでは伝わりきらない内容をより正確に伝えることができますから。
考えてみてください。正確な実態がわからない作業または不確定な要素がある物事を実行しようとする時、誰もが多めに見積もるのは当たり前のことです。
それと同じで金額も多く見積もられていることは言うまでもないですね。
 
他にもメリットを上げると吊り下げ作業や保護材の有無が事前に把握できることや引越しに必要なダンボールを無料でもらうことができることなどが挙げられます。
訪問見積もりにてきちんとした情報を相手側と共有し、交渉に臨みましょう!
※訪問見積もりは無料です
 

<ステップ3>見積もりを『交渉の武器』にしよう
最後は見積もりを武器とした交渉です。
これを実行する前提として、最低2社以上の見積もりがある必要があります。
一括見積サイトで得た見積りや訪問見積もりでの見積り、全ての金額を伝えられる準備をしたらいざスタートです!
 
言い方は簡単!!
「お見積もり料金が安い方にお任せしようと考えているのですが」
「こちらだとこのお見積りなんですけどもう少し安くなったりしませんか?」
「ご検討、よろしくお願い致します」
 
シンプルにこれだけ。
相手とのやり取りの中にこのフレーズを入れてスマートに交渉を進めましょう。
この時ですが自分の感情は訴えないようにしましょう。相手が機嫌を損ねてしまい考えが急に変わってしまうことが多々あります。
 
 
・積み切りを使う
トラックの重量の制約を超え積めれるだけ積むためトラック料金が抑えられる
・日にちと時間は極力指定しない!
相手の忙しい時期や時間帯の場合、安くすることが難しくなる。
一般的に土日祝日、月初、月末は見積もりが高め。
中旬は安めの見積もりになっている
・荷物の梱包は自分でする
梱包代を節約するため。頼んだ場合何万円もかかってしまう
・自力ではこべるものは自力で
荷物量を減らせてトラック料金のランクがダウンする可能性がある。

以上、 このステップを踏んでいけばかなりの額の引越し代が節約できると思います。

Copyright (C) >引越しトラブル大辞典〜引越しにまつわる落とし穴〜. All rights reserved